ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

大日本印刷“中興の祖”、北島織衛の「ワンマン経営とトップ人事」論 – The Legend Interview不朽

最近の投稿
1929年に東京帝国大学法学部を卒業した北島織衛(1905年12月31日~80年4月27日)は、大日本印刷の前身である印刷会社、秀英舎に入社した。1876年設立の秀英舎の社名は「英国より秀でる会社になる」との願いを込めて勝海舟がつけたものだ。老舗の名門とはいえ、帝大法学部の出身者であれば、多くが官庁か一流企業に入る時代である。当時、印刷会社というのは必ずしも帝大出の秀才が入る業界ではなかった。
Source: ダイアモンドIT

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました