ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

問題視される広告専用メディア「 MFA 」、明確な定義はなく業界は混乱

マーケティング最新
最近の投稿
マーケターたちは、MFA(made-for-advertising:広告のためにつくられた)サイトについて懸念を口にするが、MFAとは実際にどのようなサイトなのか、業界内では明確なコンセンサスが確立されていない。
あるメディアバイヤーに取材して、クライアントのプログラマティックキャンペーンにMFAを含めることについてのスタンスを尋ねたら、こんな反応が返ってくるのだ。「(MFAと聞いて)私の頭にぱっと思い浮かぶのはクリックベイトだが、このとらえ方で合っているだろうか?」。
そこで広告主やパブリッシャーが頼りにするのは、通常であれば、ANA(全米広告主協会)やIAB(インタラクティブ広告協議会)のような業界団体が提供する、統一された定義やガイドラインだ。ANAは10月の発表を目指してガイドラインを作成中だが、IABはまだ公式にはこの問題に触れていない。定義の策定に取り組んでいるかとの問いに対し、IABの広報担当者は「4As:アメリカ広告業協会)またはANAが定義に取り組んでいるのではないだろうか」と答えている。
全米広告主協会は10月に定義を発表予定
「業界全体が、(MFAを規定するための)大きなガードレールを必要としている」と、IABテックラボ(IAB Tech Lab)でプログラマティックおよび製品担当ディレクターを務めるヒラリー・スラッタリー氏は話す。
IABは、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました