ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

動画制作を円滑に進める!ヒアリングシート記入のコツを紹介

マーケティング最新
最近の投稿

ヒアリングシートは、クライアントと制作会社が動画のイメージを共有し、認識のズレを防ぐために欠かせないツールです。具体的かつ優先順位をつけて、動画の目的や期待する効果、ターゲット、伝えたいメッセージ、構成、演出、出演者など、制作に必要な情報を詳細に記入します。
ヒアリングシートの作成が手間な場合は、無料テンプレートを活用するのがおすすめです。動画制作でお困りの際は、豊富な実績を持つCrevoにご相談ください。ヒアリングシートを活用し、満足度の高い動画を制作しましょう。
動画制作におけるヒアリングシートとは?なぜ必要?
動画制作におけるヒアリングシートは、発注側と受託側が制作する動画のイメージのすり合わせを行うための重要なツールです。通常、ヒアリングシートは受託側である動画制作会社が用意し、クライアントである発注側に記入してもらいます。
ヒアリングシートが必要な理由は、制作プロセスをスムーズに進め、クライアントのニーズを正確に把握するためです。動画制作では、発注側と受託側の間で認識のズレが生じやすく、それが原因で手戻りが発生したり、納期が遅れたりすることがあります。ヒアリングシートを活用し、そのようなリスクを未然に防ぎましょう。
ヒアリングシートには、以下のような制作に必要な情報を詳細に記入します。

動画の目的
ターゲット
伝えたいメッセージ
構成
演出
出演者
訴求ポイント

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました