ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

なんと、上りと下りでは、効果が違った…! じつは、山を登るのは「有酸素運動の最高峰」だった、という「じつに、納得の理由」

登山人口は年々増加の一途をたどり、いまや登山は老若男女を問わず楽しめる国民的スポーツになっています。いっぽう、登山人口の増加に比例して山岳事故も増えており、安全な登山技術の普及が喫緊の課題となっています。そこで、運動生理学の見地から、安全で楽しい登山について、おすすめのトピックをご紹介していきます。今回は、登山の身体に与える影響が、上りと下りでは違う効果が得られることについて解説します。
Source: 現代ビジネス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました