ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

伊藤忠 財閥系を超えた最強商人 野地

第一章 伊藤忠の原点持ち下りを始めた忠兵衛はのちに数多くの従業員を雇うことになるが、当初の従業員は地元の近江出身者。近江出身の彼らはいずれも文字の読み書きと算術ができた。「○○させていただきます」この語法は、浄土真宗の教義上から出たもので、他宗には、思想としても、言い回しとしてもない。真宗においては、すべて阿弥陀如来ー他力ーによって生かしていただいている。この語法は、絶対他力を想定してしか成立しない。それによっておかげが成立し、おかげの観念があればこそ、○○いただきました、という。阿弥陀如来という大きな力のおかげで生かしていただいているから、自分の商いは世のため人のためでなくてはならない。商売は菩薩の業二代目忠兵衛は、滋賀から愛知県岡崎までの行商に出た。滋賀県の生活も決して豊かではなかったけれど、それよりも愛知岡崎地方がさらに貧しく、また言葉もなかなか通じなかったという体験をしている。第二章 財閥系商社との違い忠義を尽くす人物ばかりを重用せず呉羽紡績が成功した要因は3つある。国内景気の回復、金輸出再禁止の結果による円安とそれに伴う輸出の伸長、そして軍需の増大第三章 戦争と商社伊藤忠、丸紅、呉羽紡績が合併した大建産業も戦後改革のターゲットとなった。1947年には過度経済集中排除法が交付され、大建産業は同法の規定により、再編計画書を持ち株会社整理委員会へ提出する。そうして製造部門(呉羽

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました