ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

視覚障がいを可視化「VISIONGRAM」、パラ柔道日本代表選手団が採用

マーケティング最新



電通は、視覚障がいを可視化するビジュアルフィルター「VISIONGRAM(ビジョングラム)」 を開発した。2023年12月4日(月)〜5日(火)に開催された視覚障がい者柔道の世界大会「IBSA柔道グランプリ大会 東京2023」で日本代表選手団に採用された。



「VISIONGRAM」は、視覚障がい者の見え方を表現したビジュアルフィルター。視覚障がい者の検査データをもとに、ドットの大小や密度を変化させることで、一人一人異なる視覚障がい者の「視力」「視野」「感度」を表現する。視覚障がい者にとって、言葉で説明することが難しいとされる自分の見え方を、周囲と共有することが可能になり、視覚障がい者と健常者の間に新しいコミュニケーションが生まれ、視覚障がいへの理解が深まることが期待される。


※本フィルターは視覚障がい者の見え方そのままの再現ではなく、視覚障がいの検査データを分かりやすく表現したもの

 


視覚障がい者の見え方を表現した一例(右)。視力の低さにより全体がぼやけて不鮮明で、視野中央に欠けている範囲(暗点)がある


2023年12月4日(月)〜5日(火)に東京体育館で開催された視覚障がい者柔道の世界大会「IBSA柔道グランプリ大会 東京2023」において、日本代表選手団が「VISIONGRAM」を採用。発表記者会見には、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました