ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

「育つ子も育たない」人生をバレエに捧げたプロバレリーナが設立した“正しい専門知識”を教えるスクールとは?

起業ニュース総合
最近の投稿
SNSなどを通じて誰でも自分のことを発信できる時代。SNSを通じてファンをつくり、さらにオンラインサロンやECショップの開設など、自分の好きなことや得意なことをお金に変えるハードルが下がりつつあります。そんな個人の“マネタイズ”や“ファンづくり”をサポートする「MOSH」と新R25のコラボでお届けしている「The Next Creators」。ビジネスパーソンにおすすめしたいMOSHを活用している次の時代を創る注目クリエイターたちを紹介していく本連載。今回は、幼少期からバレエを習い、海外でプロバレエダンサーとして活躍される石井久美子さんにインタビュー!東京生まれ。2013年「ワガノワ・バレエ・アカデミー」卒業後、アジア人女性として初となるマリインスキー・バレエ団に入団。入団直後の11月に「ドン・キホーテ」の第3幕、友人のヴァリエーションでデビュー。これまでラ・シルフィード、ジゼル、くるみ割り人形、愛の伝説などで数々のソリスト役を演じる。2020年にコロナウイルスに感染後、療養のため日本に帰国し、石井久美子バレエプロジェクトを設立世界最高峰のバレエ教育を受けた石井さんですが、それによって“日本のバレエ教育の欠点”が見えてきたそうで…「日本の教育現場では、バレエの正しい専門知識が得られにくい」――(編集部)まずはじめに、現在の石井さんのご活動内容について教えてください!石井さん:8歳で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました