ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

すべての人をプレイヤーに

マーケティング最新



「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」が、6月20日から24日までフランス・カンヌで開催されました。3年ぶりにリアルでの開催となった世界最大規模のクリエイティビティの祭典は、クリエイターの目にどう映ったのか。受賞者、プレゼンター、審査員など、さまざまな立場でカンヌに関わったクリエイターたちが、それぞれの視点で、カンヌの「今」をひもときます。

第2回は、Dentsu Lab Tokyoのクリエーティブ・ディレクター、田中直基さん。田中さんが立ち上げカンヌを魅了した、難病ALSのアーティストによる世界初のライブパフォーマンスは、3分を超えるスタンディング・オベーションで称賛されました。田中さんはプロジェクトの狙いを、「新しい視点の発見により社会をアップデートする」こと、と語ります。その真意とは?




難病と向き合うアーティストたち 

──カンヌで披露した、難病ALSの二人のアーティストによる世界初のライブパフォーマンスが話題になっています。

田中:カンヌの会場とアーティストの拠点を通信回線で結んでライブ演奏を実現しました。アーティストの名は、MASAとPONE。彼らはそれぞれ人生のある時期にALSという難病を発症し、今は体を動かすことができません。唯一自由に動かすことができる“目”を使って、作曲や

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました