ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

“職住融合”時代の働き方と住まい方、まちづくりを考える

マーケティング最新








電通総研と電通未来予測支援ラボは、東京経済大学・柴内康文教授の監修のもと、「クオリティ・オブ・ソサエティ年次調査2021」を、2021年10月に全国の男女1万2000人を対象に実施しました。同調査は、社会に関する人びとの意識・価値観を把握することを目的として、2019年12月に第1回調査を開始し、今回で3回目となります。今後も定期的にデータを収集・蓄積していく計画です。

クオリティ・オブ・ソサエティについて
https://institute.dentsu.com/philosophy/
 

未来予測支援ラボについて
https://www.dentsu-fsl.jp/
 

未来事業創研について
https://dentsumirai.com/
 

連載の第1回で、コロナ禍によるテレワークの普及という社会変化が、働き方と居住場所への選好に少なからず影響を与えていることを紹介しました。また、そうした人びとの新しい意識と価値観を支え、かつ未来への希望につなげていくための社会的な取り組みが必要とされていることを述べました。

今回は、「社会の変化に伴って、働き方と住まい方をどう合わせていくべきか」という、数年前にはほとんど意識されなかった命題に向き合います。「将来的に私たちはどういったま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました