ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

創業者はCEOの立場にいつまで留まるべきなのか – HBR.org翻訳マネジメント記事

最近の投稿
新興企業の創業者が組織をリードし続けることは珍しくない。しかし、必要以上に居座れば、みずからが組織の成長を妨げる要因となる可能性がある。一方で、20年以上にもわたり手腕を振るい、自社を巨大企業に育て上げた例もいとまがない。創業者がCEOとして経営を担う場合、いつまでその座に留まるのがよいのだろうか。筆者らが上場企業約2000社のデータを分析したところ、IPOを境目に創業者がCEOを務めることの恩恵は縮小し、それ以降はむしろ企業価値を損なう傾向が浮き彫りになった。本稿では、創業者が適切な時期にCEOとは異なるポジションに移行し、さらなる手腕を発揮するための3つの戦略を論じる。
Source: ハーバード

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました