ブログで100万の秘訣ってなに?
詳しくはコチラ

「選挙の1票のようなもの」と裁判を決意。“誹謗中傷をしてきた人にアンケート”したはあちゅうの覚悟

起業ニュース総合
最近の投稿
SNSでの誹謗中傷が世間を騒がせる、2020年。これまで中傷にさらされてきた著名人たちが、次々に「訴訟」の準備を進めていると公言しています。ブロガー・作家のはあちゅうさんもその1人。18歳でブログを開設して以降、年々ネットでの嫌がらせがエスカレートし、妊娠を公表した際には「流産しろ」と血まみれの赤ちゃんの画像を送られるなど、さまざまな中傷を経験されてきたはあちゅうさんですが…今年5月に「裁判の準備を開始した」と表明すると、たちまち何件もの「謝罪メール」が届いたそうです。しかもはあちゅうさん、「自分を叩いてた人たちに興味があって、アンケートをとってみた」んだとか…いったいどういうことですか…!?〈聞き手=サノトモキ〉「はあちゅうさん、これまでどんな誹謗中傷を…?」サノ:「訴訟準備」を表明されたはあちゅうさんですが…そもそも、これまでどんな誹謗中傷をご経験されてきたのか、お聞きしてもいいでしょうか?はあちゅうさん:私は、ネットデビューがそのまま炎上デビューだったんですよ。大学1年のときに「ホームページってこんな簡単に作れるんだ!」って感動して、「慶應義塾大学1年生です! 今日から私の日記を投稿します!」って名前と年齢、大学名、顔写真を投稿して、ブログを始めたんですね。それが、炎上です…!な、なんで…!?はあちゅうさん:当時はハンドルネームやアバターを使って、顔や本名を隠して発信するのが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました